加藤茂明 東京大学 – 加藤核内複合体プロジェクト

概要

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)【 東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正】

[PDF]

分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する 調査報告(最終) 東京大学科学研究行動規範委員会 【要約】 (1)本委員会は、平成25年9月30日に調査を開始し、科学的に不適切な図を含むと判断される学術

主な研究業績 原著論文 英文原著論文 370編中最近の論文と主要論文. Tsubokura M, Nomura S, Sakaihara K, Kato S, Leppold C, Furutani T, Morita T, Oikawa T, Kanazawa Y.: Estimated association between dwelling soil contamination and internal radiation contamination levels after the 2011 Fukushima Daiichi nuclear accident in Japan.

昨年の春に発覚した、東京大分子細胞生物学研究所の加藤茂明教授(2012年3月退職)の研究室による前代未聞の大規模な論文データ捏造事件に関して、ようやく東京大学の調査結果が公表されました。毎日新聞の記事によると、加藤研究室が東大在職中に発表した全論文の4分の1にあたる43本の

東京大学・分子細胞生物学研究所元教授の加藤茂明氏(54)は、本誌の取材に涙ぐみながら頭を下げた。 加藤氏は日本を代表する分子生物学者で

光山 勝慶(熊本大学大学院生命科学研究部 教授) 山本 英一郎(熊本大学附属病院 助教) Ⅳ.加藤 茂明(元 東京大学 教授) 栁澤 純(元 東京大学 助教授) 北川 浩史(元 東京大学 特任講師) 武山 健一(元 東京大学 准教授) 高田 伊知郎(元 東京大学

東京大学大学院農学生命科 学研究科応用生命化学専攻健康栄養機能学社会連携講座 特任教授 加藤 久典. 略歴 1984年3月 東京大学農学部農芸化学科卒業 1988年11月 東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻博士課程中退 1988年11月 東京大学農学部助手 1990年10月

駒場iiキャンパス / 〒153-8505 東京都目黒区駒場 4-6-1 千葉実験所 / 〒277-8574 千葉県柏市柏の葉5-1-5 ©2016 Institute of Industrial Science, the University of Tokyo.

東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター 東京大学生産技術研究所 加藤孝明研究室:地域安全システム学 人がいて地域がある.地域は,人の生活において普遍的である.安全があり,快適があり,豊かさがある.安全は,人間の本能に

東大の予備調査資料には、改ざんやねつ造をした研究者の名前が記載されている。撤回される予定の論文も多い 研究者は論文の質や量で評価が

3月3日、東京大学は研究不正に対する処分として分子細胞生物学研究所(分生研)の加藤茂明・元教授ら4人を懲戒解雇相当、1人を諭旨解雇相当と

東京大は3日、論文の捏造(ねつぞう)や改ざんなどの研究不正で既に辞職している分子細胞生物学研究所の加藤茂明・元教授ら4人を懲戒解雇

所属 (過去の研究課題情報に基づく):東京大学,分子細胞生物学研究所,教授, 研究分野:応用微生物学・応用生物化学,生物系,応用分子細胞生物学,内分泌学,整形外科学, 加藤 茂明 KATO Shigeaki.

研究者番号 日本の研究.com : 110719 科研費研究者番号 : 60204468 所属 2012年度 (平成24年度) 東京大学 分子細胞生物学研究所 教授 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得し

なお、柳澤はかつて東京大学の加藤茂明の研究室に所属していたが、その加藤も論文の改竄などが発覚し 、東京大学を辞職している。 略歴. 1987年3月、東京大学薬学部薬学科卒業; 1989年3月、東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了

加藤 茂明 – 日本語 English 新規登録 ホーム 研究者検索 コミュニティ検索; 加藤 茂明. マイポータル 東京大学大学院農学研究科農芸化学専攻 –

本研究は瀬川浩司教授(東京大学)、内田聡教授(東京大学)、Lars Kloo教授(スウェーデン王立工科大学)との共同研究の結果です。(2016年9月) Daniel Högberg, Bartolome Soberats, Ryo Yatagai, Satoshi Uchida, Masafumi Yoshio, Lars Kloo, Hiroshi Segawa, and Takashi Kato

3月3日、東京大学は研究不正に対する処分として分子細胞生物学研究所(分生研)の加藤茂明・元教授ら4人を懲戒解雇相当、1人を諭旨解雇相当と

加藤茂明元教授(分子細胞生物学研究所、分生研)の研究室による論文不正問題で、東大は12月26日、論文33本でデータ捏造(ねつぞう)などの不正行為があったとする最終報告を公表した。 当時の教員ら11人の不正行為などを認定。加藤氏など教員6人は既に退職しているが、「懲戒処分に相当

2015年3月10日(火)放送。東京大学の加藤茂明元教授らが執筆した分子生物学の33報の論文に不正があると、去年12月大学が公表した。実験を行う前

【非定常流体現象の数値解析とその制御】 船舶推進性能予測技術の開発 大型模型を用いた曳航水槽試験と同等の精度と信頼性を有する数値シミュレーションを行う事を目標とし,船体表面の乱流境界層中の縦渦を完全に解像する300億格子規模のles計算を実施することにより,従来のransベースの

[PDF]

東京大学における科学研究費補助金による研究活動の不正行為について 1.案件概要 平成24年1月、東京大学に同大学分子生物学研究所 加藤 茂明 元教授を責任 著者とする24編の論文に対し、ねつ造、改ざんの疑いがあるとの申立があった。

米国の科学誌に2003年に載った論文の研究データに不適切な処理があったとして、東京大学分子細胞生物学研究所の加藤茂明教授らが論文を取り下げたことがわかった。加藤教授は3月末、監督責任があるとして東大を辞職した。

経歴・プロフィールの詳細

2019年11月29日 2021年度(令和3年度)東京大学入学者選抜(一般入試)における出願要件に関する予告の変更について(本部入試課) 2019年6月14日 【注意喚起】東京大学を装った迷惑メール(なりすまし)にご注意ください(本部情報戦略課)

平成27年度東京大学工学部ベストティーチングアワード, 2016年4月. Best Paper Award at the 11th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies,2015年9月. 米谷・佐佐木賞,2014年11月. 日本交通学会賞,2014年10月.

※本プロジェクトの研究総括であった加藤茂明氏については、同氏が主宰する研究室において論文の不正行為があったことが東京大学において認定されています。認定された不正行為には、本プロジェクトの研究成果とされ

東京大学分子細胞生物学研究所の加藤茂明氏(当時は教授)が告発されたときは、指摘された24本だけでなく、東大在籍中の全論文の調査をし

梶山智司君は2016年7月1日付で、東京大学大学院工学系研究科(加藤研究室)助教に着任しました。 西村達也助教は2016年3月1日付で、金沢大学准教授として昇任、転出しました。

加藤先生は、東京大学農学部のご出身で、元東京大学分子細胞生物学研究所教授である。その加藤先生がここ数ヶ月前に始められたことのひとつに、農業を科学する「南相馬アグリサイエンスカフェ」があ

NATROM, ”再発防止対策として、ここのブログ主をオブザーバーとして各研究室がお金を出して雇うというのはどうか。” / riocampos2, ”JuuichiJigen氏の告発blog|東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正” / mickn, ”ほう”

東大分生研事件は東京大学分子細胞生物学研究所加藤茂明研究室で起きた組織的研究不正事件で過度の成果重視、上司による不正指示など日本の学術界で抱えている問題がいくつも現れた事件だ。最終的に33編の論文に捏造、改ざんが認定され、11人が関与したと報告された。

JST目的基礎研究事業の一環として、東京大学分子細胞生物学研究所の加藤 茂明 教授らは、ビタミンD生合成が遺伝子DNAの修飾によって巧みに調節されている詳細な仕組みをマウスで発見しました。

東京大学の調査委員会は加藤茂明のねつ造に対する直接の関与を否定しているのである。ポスドクや学生が図をねつ造し、加藤茂明は気づかずにその図を採用して論文を投稿していたとのことらしい。

ちなみに、12年3月末、加藤茂明・東京大学分子細胞生物学研究所教授(当時)は、責任著者として発表した複数の論文のデータの扱いに不適切な

東京大学は1日、分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授の研究グループが科学誌に発表した論文5本で元助教授ら2人が論文の捏造(ねつぞう

東大教授の論文捏造 >東京大学は5日、米国の有力科学誌「セル」などに掲載された同大分子細胞生物学研究所の加藤茂明教授らの論文に不正があったとの通報を学外から受け、調査を進めていることを明

加藤久典 第12章 網羅的遺伝子発現解析を利用した食品の安全性評価、「食の安全科学の展開-食のリスク予測と制御に向けて」(東京大学食の安全研究センター編)、シーエムシー出版、pp98-102

東京大学文学部加藤陽子教授。昭和の戦争史に関する著作が人気のようですが、先輩諸賢はこのかたの考え方をどのように感じていますかご教示下さい。 加藤陽子氏は中国史がご専門で良く勉強されているのだと思います。し

所属 (現在):東京大学,医学部附属病院,助教, 研究分野:食品科学,統合栄養科学,病態医化学,医化学一般, キーワード:ビタミンd,vdr,転写制御,栄養化学,ビタミンd受容体,栄養学,骨代謝,カルシウム代謝,遺伝子改変マウス,骨芽細胞, 加藤 茂明.

加藤茂明先生に初めてお目にかかったのは、2012年2月20日の寒い朝でした。東京大学医科学研究所から毎週、南相馬市立総合病院と相馬中央病院に非常 勤医師として出向してくださっている坪倉正治先生と私どもベテランママの会は、新年度の通学先をどこに決定したら良いか右往左往している

メタデータをダウンロード RIS形式 (EndNote、Reference Manager、ProCite、RefWorksとの互換性あり)

[PDF]

が発覚し2012年3月末に引責辞任した加藤茂明元教授 の事件はどうか。一切言及せず,Webサイトにも載 せない東京大学と同分子細胞生物学研究所は,これ から調査結果を報告する予定があるのだろうか。そ れに比して,森口氏に関する東大病院の調査は

加藤茂明 業績 学位論文加藤茂明『ウズラ輸卵管初代細胞培養系における卵白タンパク合成調節機構の解析』東京大学〈博士論文(甲第7787号)〉、1988年3月29日。著書(単著・共著)小川佳宏、加藤茂明、塩田邦郎、中

東京大分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授らが発表した論文に不適切な画像が使われていた問題で、東大は26日、既に不正行為を認定していた加藤氏ら4人の元教員のほか、当時の助教や学生ら7人の不正行為を認定、33本の論文に不正行為があったとする最終調査報告書を発表した。

略歴:2007年 東京大学農学生命科学研究科博士課程 修了,同年 科学技術振興機構erato加藤核内複合体プロジェクト 博士研究員を経て,2009年より東京大学分子細胞生物学研究所 助教,2011年より科学技術振興機構 さきがけ研究員を兼任.

2015年3月10日(火)放送。東京大学の加藤茂明元教授らが執筆した分子生物学の33報の論文に不正があると、去年12月大学が公表した。実験を行う前

もう一年近くになる。 東京大学の研究者たちの論文に問題があると、匿名の告発があったのは昨年の8月だった。 2017年8月1日、ようやくその調査

東京大学大学院医学系研究科循環器内科学の小室一成教授(元千葉大学、大阪大学)の研究室が発表した論文に関する疑惑についてのまとめブログ。 疑惑1: 不適切な複製実験画像について。 東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造

[PDF]

〒113―0032東京都文京区弥生1―1―1 TEL:03―5841―7890 FAX:03―5841―8477 E-mail:[email protected] REVIEW 核内性ステロイドホルモン受容体による転写制御の分子機構 加藤 茂明,藤山(中村)沙理

加藤茂明 加藤茂明の概要 ナビゲーションに移動検索に移動加藤 茂明生誕 日本居住 日本 フランス研究分野生物学細胞生物学研究機関東京農業大学東京大学ルイ・パスツール大学相馬中央病院出身校東京大学主な業績核内レセプターの転写制御

Jan 24, 2012 · 東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明研による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?

Jan 14, 2012 · 東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明研による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?

その点では東京大学や東京農大の専門家の方々の支援が無ければ、政策遂行は難しかったと思う。 解決すべき課題は山ほどあったが、福島県独自の問題である原発事故関連には特に頭を悩まされた。

東京大学 分子細胞生物 , 加藤 茂明, 槇島 誠 ビタミン 88(5-6), 328-329, 2014. j-stage 医中誌web 2. 胆管結紮をおこなったビタミンd受容体欠損マウスはビリルビンクリアランスと腸管il6の発現に異常をきたす(研究論文紹介)

加藤 茂明 [東京大学分子細胞生物学研究所 科学技術振興事業団戦略的基礎研究推進事業]の論文や著者との関連性

東大は1日、渡邊嘉典教授(分子細胞生物学研究所)らが『ネイチャー』や『サイエンス』など国際的な科学誌に2008~15年に発表した5本の論文について、渡邊教授と元助教の2人によるデータの捏造(ねつぞう)・改ざんなどの不正行為を認定した。不正を指摘する告発状を16年8、9月に受理し

東大教授の加藤茂明って人は有名な人ですか? >東京大学は5日、米国の有力科学誌「セル」などに掲載された同大分子細胞生物学研究所の加藤茂明教授らの論文に不正があったとの通報を学外から受け、調査を進めていることを明らかにした。

新宿キャンパス 〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1. さいたま岩槻キャンパス 〒339-8501 埼玉県さいたま市岩槻区浮谷320