ジンメル – ゲオルク・ジンメル

概要

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – ジンメルの用語解説 – [生]1858.3.1. ベルリン[没]1918.9.26. ストラスブールドイツの哲学者,社会学者。ベルリン大学で哲学,心理学,歴史学を学び,1885年ベルリン大学の哲学講師になったがユダヤ系であったため,1914年ストラスブール大学の正教授に招聘

g.ジンメル 、 居安 正 | 1979/11/1 こちらからもご購入いただけます ¥2,480 (4点の中古品) ジンメル・エッセイ集 (平凡社ライブラリー)

G.ジンメルの人間観と社会化・個人化. ドイツの社会学者ゲオルグ・ジンメル(Georg Simmel,1858-1918)は、カール・マルクスやマックス・ヴェーバー、エミール・デュルケームと並んで初期の社会科学の歴史を牽引した人物だが、ここではG.ジンメルの提唱した個人の相互作用の生成消滅を社会の

Amazonでゲオルク ジンメル, Georg Simmel, 北川 東子, 鈴木 直のジンメル・コレクション (ちくま学芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ゲオルク ジンメル, Georg Simmel, 北川 東子, 鈴木 直作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またジンメル・コレクション (ちくま学芸文庫)も

4.4/5(6)
形式社会学(純粋社会学)とは~『社会学の根本問題(1917)』
概要

ジンメルは社会の基本モデルを「三者関係」(三者以上の関係)におき、そこに二者関係からは見えてこない“分離と結合”がおこると見た。 そのジンメルが40歳の1900年に書き上げた大著が『貨幣の哲学』だったのである。

[PDF]

Ⅱ ジンメルの流行論 ジンメルは,差異化と模倣という背反的な二つの動因から流行の説明を試みた。特定 の装いをすることで目立とうとするのは差異化であり,周囲の人々の大半が取り入れて いる装いを自分もしたいと思うことは模倣である。

「社会」は、相互関係をもった集団だ. ジンメルは、社会・社会学をどのように認識していたのでしょうか。 「生物は原子からできているから原子を論じることにだけ意味がある」という主張が無意味なのと同様に、「社会は個人からできているから個人を分析すれば良い」という個人還元主義

[PDF]

ジンメルの支配論は,これまであまり言及され てこなかったし,広く知られているわけでもな い。このことは,彼の他の分野の理論と同様で ある。 この論文では,ジンメルの支配論に注目して, その特徴を明らかにするとともに,そこから現

[PDF]

ゲオルク・ジンメル 大都市と精神生活 松本康訳 問題の所在 現代の生活の最も奥深い問題は、圧倒的な社会の力、歴史的な遺産、外的な文化、生活 技術などに直面している個人が、自分の存在の自律性と個性をなんとか保存しようという 要求から来てい

こんにちは。最近は寒くなったり、暖かくなったりと体調が崩れやすいような天気ですので、ちょっと体がしんどいです。前回?前々回?かは忘れてしまいましたが、私は関係性というものに興味を持ったことを言ったと思います。それで、ジンメルが社会学系の人で関係性というものについて

Sep 13, 2015 · ジンメル「社会学の根本問題」について本書では個人と社会の関係性について具体的にどのようなことを述べているのですか? 相互作用について述べているそうですが、単純な相互作用ではないですよね。「すなわち個人とは他者た

Read: 1189
[PDF]

ジンメルの形式社会学という発想をもとに、デュルケムのいう「積極的儀礼」 を分析するための方法論を考えたい。理論的な位置づけとしてはデュルケミ アンとして語られることの多いゴフマンであるが웋웗、方法論的にはジンメル に近いとも見れる워웗。

[PDF]

2.ジンメル「よそ者」論への着目 いうまでもなくゲオルク・ジンメル(1858-1918)は、マックス・ウェーバー、エミール・デ ュルケームと並び称される社会学成立期の古典的社会学者である。とりわけ彼の〈相互作用論的

今日のところはジンメルに注目である。 ジンメルといえば、形式社会学の提唱者。 親密な関係、敵対関係、上下関係(地位)など、 人間相互の関係性を”形式”に分類し、 この分類に基づいた心的相互作用から、 互いの行為様式の規制と許容が生まれるとし

ジンメルのエッセー「橋と扉」を読んだ。. 人間は 、事物を結合する存在であり 、同時にまた 、つねに分離しないではいられない存在であり 、かつまた分離することなしには結合することのできない存在だ 。

Mar 01, 2006 · 「他人はもはや人間ではなくなります。他人はたんなる数に過ぎないのです」。(シューマッハー『混迷の時代を超えて』) ジンメルの「大都会と精神生活」(1903)によれば、大都市生活のきわだった特徴のひとつに、人びとが絶えず大量の、しかも多様な

ジンメルはドイツ系ユダヤ人で、19世紀後半に生まれ20世紀初頭まで活動した思想家です。ジンメルは文化を時に文明と対比しながら、深く考察しています。ジンメルの文化思想は、文化を重視し、文明を

ジンメル自身、ユダヤ系として大学のポストをなかなか得られなかったことで、「異郷人(よそ者)」の視点でものごとを観察することに成功したそうです。そして、研究対象がそれぞれ独立した業績とされているそうです。

つまり、ジンメルの言葉では、「性急な主観性によって支配されればされるほど、事実上、一定の人間にたいして妥当する感情と行動の仕方を、そのまま、ある類似性から連合が引き起こされるような感情と行動の全範囲に伝達してしまうのである。

ゲオルク・ジンメルという社会学者については「ちょっとマイナーな人」ということができると思う。私は社会学部出身で学生時代は一応体系的に社会学を学んできた人間であるけれども、その講義のなかでジンメルが引かれることはおそらく一度もなかった、と記憶している。

本日は以下の本をレビューします。菅野仁 (2003).ジンメル・つながりの哲学 日本放送出版協会この本のテーマ:「『社会』を、私個人から切り離されて存在する外在的事物としてとらえるのではなく、『私個人』の視点から社会へと<まなざし>を広げていくこと」(P13)ジンメルの形式

ジンメル(1858~1918)は、ウェーバーとともに初期ドイツ社会学を代表する社会学者、哲学者である。彼は、コントやスペンサーの考える綜合社会学に対して<特殊科学としての社会学>を主張した。

ジンメルの若いころの作品で、社会学の概念とはどのようなものかを説明していますが、彼の書いたものを読む限りでは理解するのに時間がかなりかかりそうです。

略年譜

修士論文はゲオルク・ジンメルについて書いています。博士論文はジンメルの理論を基礎にして、ハーバーマスの理論も用いて社会的交換理論を展開しました。 ジンメルは1900年代前後に活躍した哲学者で、同時に社会学者です。

5.ジンメル 社会関係形成の結晶化として近代 前回、我々は、夏目漱石が『虞美人草』というパロディ小説で、貨幣支配の近代社会の批判をしたことをみた。今回は

ジンメル著作集 – ゲオルク・ジンメルのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

ジンメル著作集 – ゲオルク・ジンメルのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。

[PDF]

ジンメルの著作は,『貨幣の哲学』の出版前後にも数多く出版されている。 ジンメル著作集全12巻に限ってみても,その対象分野は哲学,社会学,経済 32 (1) 私講師(Privatdozent)というのは,ドイツ特有の制度で博士号(Doktor)を取

『ジンメル・コレクション (ちくま学芸文庫)』(ゲオルク・ジンメル) のみんなのレビュー・感想ページです(10レビュー)。作品紹介・あらすじ:取っ手や橋・扉など、見慣れた風景の細部からモデルネの本質を読み解き、貨幣、大都市、女性、モードにいたるまで、現代社会のあらゆる事象に

[PDF]

るジンメルを選択し、その後水口がジンメルとルソーの対比 になぞらえて取り上げた都市論の各主題の中から、中心的に 扱われていたジェイコブズとルフェーブルを、主題を横断す るかたちで取り上げることを確認した[図1]。 第2章 ジンメルの都市論

修士論文はゲオルク・ジンメルについて書いています。博士論文はジンメルの理論を基礎にして、ハーバーマスの理論も用いて社会的交換理論を展開しました。 ジンメルは1900年代前後に活躍した哲学者で、同時に社会学者です。

[PDF]

2.ウェーバーのジンメル評 晩年のウェーバーは,全三巻からなる『宗教社会学論集』(M. Weber, Gesammelte Aufsätze zur Religionssoziologie, 3 Bde., 1920―1921)の「緒言」のなかの注で,ジンメルの『貨幣の哲学』に ウェーバーとジンメル ―二つの作品の一断面―

5.ジンメル 社会関係形成の結晶化として近代 前回、我々は、夏目漱石が『虞美人草』というパロディ小説で、貨幣支配の近代社会の批判をしたことをみた。今回は

[PDF]

池田光義ジンメル「流行論」への試論 一倍大学大学院 はじめに 周知のとおり、ジンメルの流行論は流行分析の理論的系譜 luみても、この間いにたいする十分な答えを見いだすことは難る聞いをもって流行研究文献やジンメル研究文献にあたってるのか、といったいわばジンメル流行論の思想的

特にジンメルで面白いのは、「今のところの生活に人々が飽きていたところに大きな流行が生まれやすい」とかいう話もしているので、ああPokemonGoってそんな感じかなともおもったり(笑

[PDF]

ジンメルにおける「調和」という問題を主題的 に論じた研究は皆無に等しい。 ジンメルの「調和」論に焦点を当ててきた のは,主に文化論者(1)たちである。文化論者 は,調和を軸に,彼らが考える「ジンメルの文 化論」を構成してきた。

2018/06/29. Langwerth von Simmern. ラインガウの名門、ラングヴェルト・フォン・ジンメルン男爵家醸造所物語. ヘッセン州の州都ヴィースバーデン(Wiesbaden) よりライン川に沿って『リースリング街道』と呼ばれる街道があります。 この街道は、銘園の連なる斜面のすそと、銘醸ワインの醸造所の存

[PDF]

橋本努講義レジュメ 1 ジンメル『貨幣の哲学』[1890=1999] Philosophie des Geldes居安正訳、白水社 分析篇 第一章 価値と貨幣 「価値」とは何か ・「主体と客体との素朴・実践的な統一を分裂させ、両者をはじめて意識させるこの緊張

紙の本. 社会的分化論 社会学的・心理学的研究 (中公クラシックス) 著者 ジンメル (著),石川 晃弘 (訳),鈴木 春男 (訳) 「生」の発現する経験的な場は社会である−。

[PDF]

木下杢太郎の思想展開におけるジンメルの芸術論 赤井 正二* 木下杢太郎は,g.ジンメルの二本の論文「瓶の把に就いて」と「ロダン論(附メニエエ論)」を翻 訳・雑誌掲載している。本論文は,木下杢太郎の思想展開のなかでジンメルがもつことになった

ジンメルのように「橋」から思索の道に足を運べたら、どれほど豊かな 世界が待っているのだろうかと、羨ましくなる。 ジュンク堂書店のPR誌「書標」2011年10月号特集「架×本」より

ジンメルの考える社会というものは初め私が読んだ時には群集心理学者タルドや哲学者のオルテガが考えるような無規範的、無規制的なそれと解釈していたが、実質彼の考える社会というのは少し違ったところにありそうだ。

『ジンメル著作集<新装復刊> 全12巻』白水社(1994)/天少シミ有 カバ付 第01巻:歴史哲学の諸問題 生松敬三、亀尾利夫訳

では、ジンメルはこのような大衆消費社会の中で、どのようなことを願いこの社会的文化論を書いたの であろうか。 <感想> ジンメルは大衆消費社会を予測した上で、そのような社会を良いものとしたかというとそうではな いように思われる。

ジンメルの著作って無茶苦茶読みづらいわ ルーマンのほうがスラスラ読める

コケットリー であります。コケコッコーの鶏じゃありません。 G・ジンメルというフランスの社会学者 が提起した概念で、言うなれば 女性の媚態 であります。

ゲオルグ・ジンメルという社会学における巨人がいる。社会学を専攻する方にとっては身近な存在であると想像される。彼の書籍『コケットリー』では、女性がイエスともノーともとれる行動―すなわりコケットリー―から社会の仕組み、手段の仕組みについて説いた。

都会の人はなぜ冷たいのか?地方出身の方ならば誰もが一度は感じたことのある疑問ではないでしょうか。約100年前、ジンメルというドイツの社会学者がこの疑問に挑みました。彼は、「都市に住む人々は、抑制されているから冷たいのだ。」と、考えます。

ゲオルク・ジンメルの解説。[1858~1918]ドイツの哲学者・社会学者。カント的認識論から出発し、ニーチェらの影響を受けて「生の哲学」の一段階を開いた。著「歴史哲学の諸問題」「貨幣の哲学」など。 – goo人名事典は15万件以上の人物データを収録しています。

内容説明. ジンメル・コレクション. 目次. 愛の哲学断章 女性心理学の試み 現在と将来における売春についての覚え書き 女性と旅行 いかなる意味でも文学者ではなく 取っ手 橋と扉 ヴェネツィア 額縁―ひとつの美学的試み 肖像画の美学〔ほか〕

ゲオルク ジンメル『ジンメル・コレクション』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約25件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

北川東子「ジンメル-生の形式」(6) 今世紀初頭のベルリンは、先駆的なかたちで「都市の哲学」を語ったジンメルには、「都市化」の現象そのものであった。大都会は、近代化に伴い生まれた機能的な生活空間であり、匿名の大衆にとっての場所、誰のものでもなく、誰もが住めるような

[PDF]

(ジンメル『社会分化論』の評者)への2通、及び1月24日付のf・ウォード(アメリカの社 会学者)への1通の書簡(㉒83-87)から、当時のジンメルが温めていた社会学構想について 興味深い様々な事情が読

混迷の現代にジンメルがよみがえる!ジンメルは「生の哲学」の先鋭な論客として知られるが、現代社会学の先駆者としても特異な足跡を遺した。歴史的社会進化論を排し、個人と個人、個人と集団、集団と集団の相互関係を中心テーマに「形式社会学」を確立した研究の集大成!

『ジンメル著作集7 文化の哲学』, , ゲオルグ・ジンメル(円子修平、大久保健治訳), 白水社, 1976 『今日の芸術 時代を創造するものは誰か』, , 岡本太郎, 光文社文庫, 1999